初心者が美術館を楽しむためのポイント

友達や恋人に「美術館に行こう」と誘われても、正直楽しむ方法が分からないと思ったことはありませんか?絵に興味関心はないし、知識がない…。という方も誘いは断りたくないと思う人もいるでしょう。そんな人に、初心者でも簡単に楽しめるポイントを紹介します。
絵の展示を楽しむ方法
美術館に行くのですから、絵の展示を見ることはさけられません。では鑑賞の時間をどう楽しむか紹介してゆきましょう。普通に眺めるだけで面白くないのなら、自分の家に飾りたいものや、直感で買いたいと思う絵を探してみてはどうでしょうか。じっくり鑑賞しなくても、そういった作品は、見た瞬間ピンと来るはずです。そして展示では必ず、作品の横やフロアごとの隅に、絵の詳細や評価、描かれた時代の背景を知ることができるものがあります。絵に興味がなかったという人は、まずその絵画が描かれた時代を思い浮かべ、絵を鑑賞するといいでしょう。その状況に自分がいることを想像すれば絵の世界に浸れるので、見方が変わること間違いなしです。
また作品を見れば、お気に入りの絵も必ず見つけられます。せっかく好みの絵画を発見したのですから、絵の作者が誰なのかをチェックしましょう。そして、同じ人が描いた作品を探してみてください。だいたいの展示会場は、複数の作者も絵がまばらに飾られています。そのため、周辺の作品が必ずしも同一の人とは限りません。なので、順路を戻ってもいいので、探ってみてください。作者を見れば、自分がどんな絵画が好きなのか分かります。それに同じ人でも時期が違えば、その人が描く雰囲気は異なることもあるため、変化を見るのも面白いですよ。国内の美術館で、絵を解説してくれる音声ガイダンスを有料で貸出できるところがあります。より楽しめると思い借りてしまうかもしれませんが、借りない方が良いでしょう。音声ガイダンスを聞くと、様々な評価が聞けますが、せっかく絵を鑑賞しているのなら、自分が思うように感じて、評価をすることが楽しむためのポイントです。
作品を鑑賞する以外の楽しみ方
美術館だから、絵を見ることだけが目的と思っているかもしれません。ですが、それ以外にも楽しむことが可能です。ここでは、作品を鑑賞することとは別に、美術館を満喫する方法をお伝えします。美術館には必ず、ミュージアムショップがあります。ショップでは、飾られていた絵画のレプリカやポストカードが販売していますよ。欲しいものがあるかどうか探すのも楽しめますし、グッズを購入すれば記念の品にもなり、気分を高めることもできるでしょう。友人と遊びに出かけたり、恋人とデートで訪れたら二人でおそろいのグッズを買うのもいいですね。美術館は展示場だけではありません。館内を巡ることでも楽しめてしまいます。展示スペースのみ作品を置いてあるだけではなく、外にもあったりするのです。また建物の周囲は、植物が植えていたり、上手く場所を作られているので景色を楽しんだりもできちゃいます。また長く歩いていると疲れるので、ソファや椅子があるので休憩をしますよね、座って休んでいるときに、美術館の雰囲気を味わうこと、建物の作りを眺めるのも、絵を見る以外の楽しみ方です。

いかがでしたでしょうか?美術館は絵を見ることはもちろん、鑑賞以外にも楽しめる方法があるのです。入場料金も1000円前後とリーズナブルな価格になっています。ぜひ友人や彼女と訪れてみてください。