デート中の気遣いを身につけよう

館デートはゆっくり時間をかけて回るため、さりげない気遣う心が必要になります。では、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?やっておくべき気遣いを、デートの流れから紹介していきます。
家から目的地まで気遣うこと
行き先との距離にもよりますが、可能ならば彼女の家まで迎えに行きましょう。よく「家を出てから帰るまでが遠足」なんて聞きますよね。恋人とのデートの思い出も、自宅を出る瞬間から始まっているのです。それなら、最初からいい気分にさせてあげましょう。目的地まで車で行くのなら、ドライブ中にも注意してほしいことがあります。女の子は男子よりトイレが近い生き物です。ドライブの時間が長いと、行きたくなることもあるでしょう。ですが、トイレに行きたいとは自分の口から言い出せず、我慢しがちになってしまいます。気遣って聞いてくれると、とっても嬉しいです。さらに自分もコンビニに用事があるから、トイレ大丈夫と言ってくれれば最高ですね。自分のために車を停めてもらうのは気が引けるけど、相手に理由があるとお願いしやすくなります。
館内デートで気遣いたいこと
次は、目的地に着いてから気遣うことを挙げていきます。大抵の女性は、男性より歩く速度は遅いです。ヒールのときは歩きにくい上、歩幅が小さくなってしまうもの。館内デートのときは歩く速度を合わせ、並んで歩いてあげるといいでしょう。大抵の館のは、カフェがあるため、そこでお茶をすることもあるはずです。そのとき気を付けてほしいのは、彼女の席を上座にしてあげましょう。落ち着いて座れる場所、景色がいいところは、なんて考えると分かりやすいですよ。大事なのは、相手に気持ちよくその時間を楽しんでもらうことです。またそういう座り方をすれば、店員さんとやり取りしやすいのは自分の席になります。注文やお皿の受け取りは、あなたの出番ですよ。オーダーが終わった後も気を抜かないでください。注文した料理が届くまでの間、ついスマートフォンを確認しがちです。しかしそれでは、なたが退屈していると勘違いさせてしまいますよ。また、重要な内容の連絡以外はLINEも控えておくべきです。今、誰といるのか考えてください。彼女との会話を楽しみたいですね。
デートが終わった後、その場で解散するのではなく彼女を家まで送ってあげましょう。家まで送る一手間は、大切にして貰えているという感情に繋がり、喜んでもらえます。デートは、最初と最後が大事です。何においても初めと、終わりが印象に残ってしまいがち。そのため、デート全体の印象は悪くもなれば、逆に良くもなります。どんな失敗を犯してしまったとしても、大丈夫です。最後の一踏ん張りでその日のデートの印象が決まるなら、努力をしてみませんか。
気遣いを習得すれば、自慢の彼氏に大変身
いかがでしたか?例を見てみるとやることが多く、一気に実行は難しいです。以下のことだけ、覚えておきましょう。相手の気持ちを読むこと、守ってあげる.面倒なことを肩代わりする、相手を優先することです。つまり行動を覚えるより、最初は基本を抑えるようにしましょう。気遣いは難しいですが、慣れてくれば自然と動けるようになるものです。完璧に習得して、大好きな彼女が自慢できるような彼氏になっちゃいましょう。