映画館デートなら、3D映画をみにいこう!

映画館でしかみることができない3D映画。特殊なメガネをかけて画面をみると、まるで映画のなかの登場人物が飛び出しているかのようにみえます。最近は家庭用テレビでも3D機能を搭載したものがありますが、映画館の巨大スクリーンと比べれば迫力の違いは歴然。3Dをみるならやはり映画館がベストです。しかも最近はただ画面が飛び出してみえるだけでなく、座席が動いたり風が吹いたりといった、さらに映画のなかの世界を肌で感じることができる映画館も登場しているそうですよ。
3D映画をみるには?
では映画館で3D映画をみるにはどうすればいいのか。まずはみたい映画が3D上映されているかどうかをチェック。最近公開される映画ならば大抵2Dと同時に3Dも上映されていますが、恋愛ものやドキュメンタリーなどあまり画面に迫力を求めない作品は2Dのみの場合もあります。基本はアクションやSFなど、動きが激しく画面の迫力を追求しているような映画を選ぶとより3Dのよさを楽しめるでしょう。
そして3D映画をみる場合、普段の料金に400円ほどプラスされることが多いです。そのうち300円は3D映画の特別料金のようなもので、100円は専用メガネの代金。そしてメガネは購入というかたちになるため持ち帰ることができ、次から3D映画をみるときに持参すればプラス料金を100円安くしてくれる映画館が多いです。なかには毎回400円かかる映画館もあるので、チェックしておきましょう。
3D映画と普通の映画が違うところは観賞料金がプラスされるというところだけ。あとは普通に映画をみるときと変わりませんので、安心して劇場に行きましょう。
3Dをこえる4D劇場も登場
何となく最新なイメージのある3D映画ですが、今ではその先を行く4D劇場というのが登場しています。TOHOシネマが一部の劇場で導入している劇場で、座席に11個ものアクションが搭載されており、映画のなかの世界をよりリアルに体感できる仕組みです。
例えば前後、上下左右に動く座席。風がふいたり香りがしたり。さらにはミストや煙が出てきたりもするそう。また首元にクーラーが搭載されており、ホラー映画のゾクッとを体感することができます。ここまでくると映画館というよりも、遊園地のアトラクションのような雰囲気ですね。映画の内容によっては様々なアクションが立て続けに起こるため、身長100センチ未満の人や妊娠中、車いすを利用している人は観賞できないといった制限も設けられています。
またここまで様々なアクションではなくとも、イオンシネマではシーンに合わせて座席が動く劇場が導入されました。これからの映画館は、映画をみる場所から体感する場所に変化しつつあるのかもしれませんね。さらに福岡にあるユナイテッド・シネマでは食事が楽しめるよう、しっかりとしたテーブルがついた劇場が2016年4月から登場するそうです。座席にフードメニューがおいてあり、座ってから注文できるシステムなんだそう。映像の迫力だけでなく、こうした映画館の不便を解消してくれる劇場もこれから続々と登場しそうです。
レンタル店やビデオオンデマンドなど、自宅で気軽に映画を楽しむことができるようになってきて、映画館離れが進んでいる現代。その影響を受けて映画館はどんどん新しい技術を取り入れていっています。確かにレンタルなら1本数百円で楽しめるものが、3D映画だと2千円をこえてしまいます。ですが思わずのけぞってしまうような迫力ある映像は映画館ならでは。遊園地に行くよりは安上がりですし、きっと満足できるはずですよ。