退屈しない映画の選び方

男性も退屈しない映画の選び方

映画デートでいちばんの失敗ともいえるのが、上映中に居眠りしてしまうことですね。確かに男性でラブロマンスやセックスアンドザシティのような、女性目線の映画が好きという人は少ないはず。どうしても興味がわかず、ついウトウトしてしまうのも無理はありません。しかしいくら彼女がみたいからといっても、上映中に寝てしまうなら別の映画をチョイスしましょう。

女性ウケよしなおすすめ映画ジャンル

まずラブロマンスなど、女性の好みど真ん中ではなくともそこそこ女性ウケする映画のジャンルから紹介していきます。まず男性でも苦手という人が少なく、割と万人ウケしやすいのがアクションですね。映像に迫力があり、ストーリーの展開もとてもわかりやすく進みます。難しいことを考えず、純粋にスクリーンでみるということを楽しむにはもってこいのジャンル。ヒーローが悪を倒す、という子どもの頃から親しんでいるストーリー展開ですから、女性でも抵抗なく見ることができるでしょう。

そしてほかにはサスペンスも割と人気。序盤から様々な伏線がはられ、ストーリーが進むにつれてわかっていく感覚はまさに快感。ラストにアッと驚くような、大きなどんでん返しが待っている映画が多いのも魅力ですね。最近は2時間ドラマのような、王道スタイルのサスペンスではなくラブロマンスと絡めたりしていることも多いので、男性も興味深く楽しむことができるのではないでしょうか。

またアクション映画にも最近はほぼ確実に女性が登場し、主人公とのロマンスを演じます。ラストにすんなりと恋仲になるパターンもあれば、つかず離れず微妙な関係を保ったままというじれったいラストも。こうした迫力ある映像のなかに隠れた登場人物の関係性の動きも、女性は割と好むよう。デートでみにいくなら、こうした要素が入っている映画を選ぶのもおすすめです。

もっとも女性ウケが悪いのは?

では逆にいちばん女性ウケが悪いジャンルは何なのでしょう?人気作も多いですが、ジャンルとしていうならばやはりSFでしょうか。基本的に女性はロボットや機械的なものが苦手なうえ、SFの場合設定が完全に現実離れしていることが多いです。現実味がなさすぎてイマイチ楽しめないといった感想がとても多いそう。男性からすると現実味がない分、ロマンがあふれていると受け取るのですが、女性はそうはいかないようですね。

ただ同じ現実味がないものでも、ファンタジーとなると評価は一変。そこまで嫌いではないという女性ばかりです。実際ロード・オブ・ザ・リングシリーズやハリーポッターシリーズなど、ファンタジーの王道をいく映画は軒並み大ヒットしていますね。現実離れしていることには変わりなくとも、舞台が宇宙かそうでないかだけで抵抗感はかなり違ってくるようです。

またホラー映画に関しては、好みが大きく分かれます。好きな女性はとことん好きですし、苦手な女性は少しでもホラーの要素が絡んでいるだけでもみたくないといった場合も。怖いシーンで女性に密着してもらいたいという願望のもと、ホラーをチョイスする男性もいるようですが相手の希望もある程度尊重してあげてください。

映画デートで退屈しないコツは、女性の好みを優先し過ぎないこと。ある程度好みを尊重しつつも、男性も楽しめるような内容の映画にしましょう。そのためには行き当たりばったりで映画館へ行くのではなく、どんな映画が公開されているのか下調べしておくのが大事。あらすじなどを把握しておき、2~3個候補を絞っておくと上映時間や彼女の好みに対応することができるはず。せっかくのデートですから、退屈過ぎて寝てしまわないよう自分も楽しめる映画を選んでくださいね。

「館」の楽しみ方を紹介

映画館~デート編とお一人様編

図書館~デート編とお一人様編

水族館~デート編とお一人様編

博物館~デート編とお一人様編

美術館~デート編とお一人様編

静かに楽しむ時間の必要

美術館を2倍楽しむ基本知識

【番外編】文化スポット

文化な気分が味わえるグッズ

博物館の魅力って?

博物館を探検するお作法とは?

美術館を楽しもう!

爽やかにモテるデート術

二人の愛はこれから