ミニシアター・名画座で遊ぶオーバーエイジ

オーバーエイジの1人遊びには、ミニシアターや名画座での映画鑑賞がばっちり! マニアックな作品を見つけて「通」な楽しみを感じましょう。古き良き感動を求めて人々が集まる名画座では、出会いのチャンスも!?
日本人は劇場で鑑賞する新作映画は、年間におよそ1本のようです。生涯で100本も映画を観ない、ということになります。映画は違う年代の人の考え、違う国の文化などを幅広く教えてくれます。中高年ならば、最低限の教養としてそれなりの数を観ておきたいところです。新作映画ももちろんですが、名画座などで古い名作を観るのも良いでしょう。
>>>どこよりも早い!ミニシアターランキング - CINEMAランキング通信<<<
新作はミニシアターで
大きなシネコンに入って、おじさん・おばさんが1人で話題作を観るというのは少し寂しいように思えます。もちろん悪いことではありませんが、もっと別な映画との付き合い方もあるでしょう。気になる話題作はDVDでチェックするとして、ミニシアターで上映されているマニアックな作品を鑑賞してはいかがですか?
数年前に大ヒットした『キック・アス』というアメリカ映画も、最初はほとんどミニシアターのみの上映でした。じわじわと面白さが話題となって、公開館数が増え、広く知られる大傑作として成長したわけです。こういった「掘り出し物」を探せるのもミニシアターの楽しみの1つ。話題に流されず、あなたの目で、面白いマイナー作を見つけませんか?
名画座で取り戻す童心
旧作を当時のフィルムのまま上映する名画座も、「通」な一人遊びスポットです。少年・少女時代に観た作品を再びスクリーンで楽しめるのですから、これほど興奮できる映画体験もありません。館内に漂う独特のレトロな雰囲気も一緒に味わってしまいましょう。
また、名画座は異性との出会いを期待できる場所でもあります。鑑賞した作品の感想を交換する相手を求めて、あえて終演後も外に出ず、ロビーでお茶をすすっている女性もいるはず。同年代の女性と昔話を楽しむも良し、若い女性と賑やかにお喋りしても良いでしょう。それがきっかけで男女の仲につながることもあるかもしれません。もし壮年にさしかかっている男性なら、もしものときのためにバイアグラを用意しておくと良いのでは。二人でみた映画のラブシーンをベッドの上で再現する・・・そんなことも映画ファン同士のカップルならあり得るかもしれません。
映画は年を取るに連れて、個々人が自分なりの方法で楽しめる娯楽に変わっていきます。全国のミニシアターや名画座を巡って、自分だけの1本と巡り会いましょう。上映されたままDVD化されない作品もあるので、興味を惹かれるタイトルがあれば、チェックを欠かしてはなりません。